有意義な調査を実施する興信所がおすすめ

探偵の基本とは

今も昔も変化無く言える「探偵業務の基本中の基本」は「情報は足で稼ぐ」である。

スマホやタブレット主流になる現代のモバイル機器を駆使しても得られない情報は沢山存在している。 アナログな考え方かもしれないが「如何に安く情報を得るか?」という点においてはこれ以上の探偵の基本は無いと考える。

ネット社会になっても個人のプライベートを知り得る手段は限定されるという事が現実だろう。 品物を安く仕入れて高く売る事が商売の基本ならば「探偵の情報源も安い」にこしたことはないのである。 一言で「足で情報」といっても現実は大変な事がたくさん待ち受けている。

聞き込みによる情報収集や調査現場での特殊な情報入手方など依頼人の一番知りたい情報を得られるまで地道に歩き回る行為を想像していただければおわかりかと思う。

現地調査を実施する基本に忠実な探偵達は現代においても「靴をすり減らして」依頼人に有意義な情報収集活動を地道にコツコツすすめているのである。

逆に言えば、地道にコツコツとした作業が嫌いな人はあまり探偵には向いていないのではないだろうか。 基本業務である尾行や張り込みはまさに地道で忍耐の連続なのだ。楽に尾行や張り込みができる機会というのは基本的にないのである。

ドラマや映画などでは「スリル」が表現されることが多い尾行・張り込みだが、実際の尾行では「落ち着くこと」が最も重要だったりする。 落ち着いた状況でなければ、その時々で冷静な判断をすることができないからである。

探偵のおすすめ

探偵の業務は基本的に「現場仕事」であり外出する機会が多い。

今時期、特に夏場は腕時計のチョイスが難しい季節と言える。強い日差し・視認性・汗や水に耐える防水性・どのような服装にも無難にマッチする外観・以上の条件をクリアーし尚かつ低価格帯で夏休みのアルバイト代でも購入可能な「探偵が選ぶ腕時計」はカシオGーSHOCKである。

今更とお思いの方は改めて機能性と好みに応じたラインナップの豊富さを考えていただきたい。 社会人から学生まで年齢・性別に関係なく「どのようなシーン」でも充分な機能を発揮できる。私が現在も夏場に愛用しているG−SHOCKはDW−5000である。

1983年に誕生した初代モデルの復刻版であり(2001年3月発売〜現在生産終了)10年以上愛用している。 まさに「探偵の腕にピッタリ」な地味ではあるが存在感のある「男の腕時計」である。

まあ、中には最低限の機能・装飾しかない1000円の腕時計を使っている者もいるのは事実である。 携帯電話やスマホの復旧によって「腕時計が不要」と考える人物も存在しているので内心複雑な心境でもある。

但しいざという時に素早く時間を確認できるのは腕時計であるのは間違いがないとは思う。手で取りだす必要がないというのはいつの時代になっても有用だからだ。

加えて「時間を確認しながらスマホで通話」等のシチュエーションはビジネスシーンでは日常的なので「腕時計をしないスタイル」が一般的になることは考えにくいと容易に判断できる。

少なくとも現場で尾行をする探偵には腕時計は必要であろう。 どのような現場仕事でも最低限必要な装備の一つが「職業に適した腕時計」と言えるでしょう。探偵業に関しても同様であるといえます。

もし、「腕時計を必要としない探偵」が存在したならば「フィクションの世界に影響されすぎた自由人」と言えることでしょう。 探偵の仕事では対象者の時系列の報告書などその時の時間が非常に重要になる場合も多いです。

↑ PAGE TOP