有意義な調査を実施する興信所がおすすめ

興信所の身元調査とは

現代のプライバシー保護の観点から個人レベルでの第三者の情報(身元を明らかにする情報)を入手する行為には制限が存在し「思いがけないトラブル」や「自己の保身が目的」であっても開示される情報には事由や理由に正当性が認められなければ入手困難な時代であると言える。

個人の身元を特定する情報は所謂「氏名・住所・年齢・性別・家族・職業・経歴などなど」であり一般の方が「裁判・訴訟」などの準備として専門機関に依頼し開示請求する場合を除き得られる情報は極めて少ない。

しかし、社会生活のなかには上記理由以外にも「他人の情報が必要になる」シチュエーションが数多く存在し、その理由の多くが「人の人生に大きく関わる」場面の判断材料として存在価値があり求められる。

調査業を営む業種「興信所・探偵・調査会社」などはそうした人生の大事に役立つ情報提供の機関として社会のなかでニーズがあり機能している。

そうした調査活動の中で得られた情報は「判断材料や証拠」として貢献し依頼人の生活を守り豊にする。

当然、社会から懸念される「情報の悪用」を未然に防ぐ努力として、「契約時の重要事項説明と誓約書」は必要不可欠であると共に、 「悪意の存在」が認められる案件の受件を行わない為に必要とされる「企業努力や教育」、社会的倫理観に基づく正当な判断を各々が自覚し業務を遂行する事が望ましい。

また、守秘義務の徹底、情報の管理徹底が必要とされる。

身元調査が必要な理由

社会の中で対峙する各種問題やトラブルは「トラブルの相手」が存在し、トラブルを解消するために相手の身元を特定し情報を得て解決に導く行為が一般的な手順と言える。

トラブルに関わる人物の情報が無ければ問題は一切解決しないのである。法律で認められている義務や権利も「相手の情報や身元」があって主張できると言える。

問題の当事者に悪意がある場合や責任逃れを考えている場合には「身元を自ら明かす」行為はないと言って良いだろう。責任を追及する側が自ら調べ自ら得られる権利の主張を行わなければならない。

世の中に存在している「小さな近所間のもめ事」から「大きな損害賠償請求」まで全ての案件に共通して「身元の判明」は必要である。 現在の個人情報に関するプライバシーポリシーは場合によっては「行きすぎ」な場面が数多く存在し「身を守る為の情報入手」も困難になった。

社会のバランスを考えるならば改善の余地は多分に存在している。 悪意がまかり通るシステムや法律はバランスが良好と言い難く完璧に機能しない問題を抱えており発展途上な未熟さが見え隠れしている。

この状況が続けば、法律を悪用した悪意ある者ばかりが得をする社会=「悪意が標準の社会」になってしまうであろう。 そういった意味でも探偵が実施する身元調査の重要度が高まってきているのである。

頭ごなしの否定論を展開するだけでなく、もう少し違った角度からの考え方も必要なのではないだろうか。 実際にご自身が当事者の立場になってみたら、また違った考え方をすることになるのではないだろうか。

おそらく以前の身元調査の悪評を知っているからかもしれないが、現代では事情が少々異なってきているのである。 身元調査によって、相手に非があるトラブルが解決したという例も決して少なくはないからである。 悪意が前提でない調査の多くは「降りかかる火の粉を払う」ために必要な調査であり、このような調査活動が困難な社会はモラルに欠けた社会と言っても過言では無い。

司法においても個人情報保護法などについて再考してもらいたいものである。 多くの場合に不具合は放置しておくと「大きな社会問題に発展」する危険性があると進言したい。 個人情報保護に敏感になるあまり、詐欺師や悪人などを利する状況となっていることにも目を向けるべきである。 日本が「詐欺師天国」などと揶揄されることのないようになってほしいものであるし、裁判制度や法律の改正に力を入れて欲しいものである。

身元調査・身辺調査でトラブル解決

↑ PAGE TOP